menu
arrow_back

Docker の概要

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Publish your container image to Container Registry

Docker の概要

1時間 クレジット: 1

GSP055

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Docker は、アプリケーションを開発、リリース、実行するためのオープン プラットフォームです。Docker を使用すると、アプリケーションをインフラストラクチャから分離して、インフラストラクチャをマネージド アプリケーションのように扱うことができます。また、コードのリリース、テスト、デプロイを高速化し、コード作成とコード実行のサイクルを短縮できます。

Docker は、カーネル コンテナ化機能と、アプリの管理とデプロイをサポートするワークフローおよびツールを組み合わせることでこれを実現します。

Docker コンテナは Kubernetes で直接使用できるため、Kubernetes Engine で簡単に実行できます。Docker の基本を学ぶことで、Kubernetes とコンテナ化アプリケーションを開発するスキルが身に付きます。

ラボの内容

このラボでは、次の方法について学びます。

  • Docker コンテナをビルド、実行、デバッグする方法
  • Docker Hub と Google Container Registry から Docker イメージを pull する方法
  • Docker イメージを Google Container Registry に push する方法

要件

これは入門レベルのラボです。Docker とコンテナを使用した経験がほとんどない、あるいはまったくない方を対象としています。Cloud Shell とコマンドラインの知識があれば役立ちますが、必須ではありません。このサービスエリアの上級者向け資料をお探しの場合は、以下のラボをご確認ください。

準備ができたら、下にスクロールしてラボ環境をセットアップしてください。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始