menu
arrow_back

Google Kubernetes Engine でのウェブサイトのデプロイ、スケーリング、更新

search share 参加 ログイン

Google Kubernetes Engine でのウェブサイトのデプロイ、スケーリング、更新

1時間 30分 クレジット: 5

GSP663

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

ウェブサイトの運営やアプリケーションの実行は簡単ではありません。予期せぬ問題が発生したり、サーバーがクラッシュしたり、需要の増加によって使用リソースが増大したりします。また、ダウンタイムなしで変更を加えるのは複雑で大変な作業です。ウェブサイトやアプリの運用をすべてサポートし、自動化まで可能にするツールがあったらどうでしょう。Kubernetes を使えば、すべてが可能なだけでなく簡単です。

このラボでは、あなたは e コマースサイトを運営する架空の会社 Fancy Store のデベロッパーです。スケーリングとサービス停止に関する問題により、アプリケーションを Google Kubernetes Engine(GKE)にデプロイする必要があります。

このラボでは、一般的なクラウド デベロッパーが行う手順に沿って次の順序で演習を進めます。

  1. GKE クラスタを作成する

  2. Docker コンテナを作成する

  3. コンテナを GKE にデプロイする

  4. サービスを介してコンテナを公開する

  5. コンテナを複数のレプリカにスケーリングする

  6. ウェブサイトに変更を加える

  7. ダウンタイムなしで新しいバージョンをロールアウトする

アーキテクチャの図

ddba666bd2b02d0d.png

ラボの内容

  • Google Kubernetes Engine クラスタの作成方法

  • Docker イメージの作成方法

  • Docker イメージを Kubernetes にデプロイする方法

  • Kubernetes でアプリケーションをスケーリングする方法

  • Kubernetes でローリング アップデートを実行する方法

前提条件

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始