menu
arrow_back

フィーチャー トグルに基づく API の条件付きルーティング

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create service account and service key with IAM permission

Load log entries to Stackdriver Logging

フィーチャー トグルに基づく API の条件付きルーティング

1時間 30分 クレジット: 7

GSP674

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

API プロキシでは、API 呼び出しの保護、トラフィックの抑制、メッセージの仲介、エラー処理の制御、キャッシュの保存、デベロッパー ポータルの構築、API のドキュメント化、API トラフィック データの分析、API 利用による収益化、不正な bot からの保護など、Apigee の API プラットフォームのすべての機能が提供されます。

このラボでは、Apigee でルーティング ルールを使用し、条件に応じて、複数の異なるバージョンのバックエンドにトラフィックをルーティングします。このパターンは、たとえば、従来のバックエンドから GCP バックエンド システムにアプリケーション トラフィックを透過的に移行するために使用できます。

演習内容

  • ターゲットであるクラウドに対し、代替フローロジックを提供する

  • デベロッパー アプリにフラグを設定して、アプリの呼び出しがクラウドにルーティングされるようにする

  • トレースツールを使用して、トラフィックが正しいバックエンドにルーティングされていることを確認する

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始