menu
arrow_back

画像認識モデルで What-If ツールを使用する

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create an AI Platform Notebook

Clone the sample code

画像認識モデルで What-If ツールを使用する

1時間 クレジット: 5

GSP710

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、画像認識モデルでの What-If Tool(WIT)の使用方法について見てゆきます。ここでのタスクは、人物が笑顔であるかどうかを予測することです。このラボでは、CelebA データセットのサブセットでトレーニングされた CNN(畳み込みニューラル ネットワーク)を使用して、別のテスト サブセットで結果を可視化します。

目標

このラボでは、次のタスクを行います。

  • AI Platform Notebooks を起動する。

  • 事前トレーニング済み Keras モデルをダウンロードする。

  • データセットを csv から tf に変換するためのヘルパー関数を定義する。

  • csv ファイルを pandas データフレームに読み込み、WIT 用に処理する。

  • Keras モデルを読み込む。

  • WIT 用のカスタム予測関数を定義する。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始