menu
arrow_back

レンタル VM での地震データの処理

—/25

Checkpoints

arrow_forward

Create Compute Engine instance with the necessary API access

Install software

Ingest USGS data

Transform the data

Create bucket and Store data

レンタル VM での地震データの処理

40分 クレジット: 1

GSP008

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Google Cloud Platform を使用して、地震データを処理する仮想マシンを設定すると、細かな IT 業務から解放されて、科学的な目標に集中できます。データを取り込んで処理し、さまざまな形式で結果を表示することができます。このラボでは、アメリカ地質調査所(USGS)が公開しているリアルタイムの地震データを取り込んで、次のような地図を作成します。

usgs_map.png

このラボでは、仮想マシンを起動してセキュリティを構成し、リモートでアクセスします。さらに、データの取り込み、処理、公開のためのパイプラインを手動で作成します。

学習内容

このラボでは、次の方法について学びます。

  • 特定のセキュリティ権限を持つ Compute Engine インスタンスを作成する。
  • インスタンスに SSH 接続する。
  • ソフトウェア パッケージ Git(ソースコードのバージョン管理用)をインストールする。
  • Compute Engine インスタンスにデータを取り込む。
  • Compute Engine インスタンスでデータを変換する。
  • 変換したデータを Cloud Storage に保存する。
  • Cloud Storage のデータをウェブに公開する。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始