menu
arrow_back

Cloud Composer: Qwik Start - Console

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create a Cloud Storage bucket

Create Cloud Composer environment

Uploading the DAG to Cloud Storage

Cloud Composer: Qwik Start - Console

1時間 クレジット: 1

GSP261

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

ワークフローはデータ分析における一般的なテーマのひとつで、データの取り込み、変換、分析によってデータから有益な情報を見つけるために使用されます。Google Cloud Platform(GCP)には、ワークフローをホストするためのツールとして Cloud Composer が用意されています。これは、よく利用されているオープンソース ワークフロー ツールの Apache Airflow をホスト型にしたものです。

このラボでは、GCP Console を使用して Cloud Composer 環境を作成し、Cloud Composer を使ってシンプルなワークフローを実行します。このワークフローは、データファイルが存在することを確認し、Cloud Dataproc クラスタを作成して Apache Hadoop ワードカウント ジョブを実行した後、Cloud Dataproc クラスタを削除します。

演習内容

  • GCP Console を使用して Cloud Composer 環境を作成する

  • Airflow ウェブ インターフェースで DAG(有向非巡回グラフ)を表示して実行する

  • 保存されたワードカウント ジョブの結果を表示する

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始