menu
arrow_back

App Engine: Qwik Start - Go

—/5

Checkpoints

arrow_forward

Deploy a Go App

App Engine: Qwik Start - Go

20分 クレジット: 1

GSP070

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

App Engine を使用すれば、デベロッパーは最も得意な作業、つまりコードを書くことに集中できます。App Engine スタンダード環境は、Google のインフラストラクチャで実行されるコンテナ インスタンスに基づいています。コンテナは利用可能な各種ランタイム(Java 8、Python 2.7、Go、PHP)の一つを使って事前構成され、各ランタイムには App Engine Standard API をサポートするライブラリが含まれます。多くのアプリケーションでは、おそらくこのスタンダード環境のランタイムとライブラリがあれば十分でしょう。

App Engine で Go 言語を使用する場合、2 つの環境から選択できます。どちらの環境でもコード中心のデベロッパー ワークフローが採用されており、素早く効率的にスケーリングして需要の増加に対応できます。また、Google の実績あるサーバー技術を利用することにより、オペレーション上のオーバーヘッドを最小限に抑えながらウェブ、モバイル、IoT のアプリケーションを短期間で構築できます。2 つの環境には多くの共通点がありますが、重要な違いがいくつかあります。

App Engine スタンダード環境では、高負荷で大量のデータを処理する場合でも確実に動作するアプリケーションを簡単に構築し、デプロイできます。アプリケーションは、ハードウェア、オペレーティング システム、サーバーの物理的な場所に関係なく、セキュリティで保護された信頼性の高い独自の環境で実行されます。スタンダード環境では Go 1.11 がサポートされます。

App Engine フレキシブル環境は Google Compute Engine を基盤としており、負荷分散を行いながらアプリのスケールアップやスケールダウンを自動的に行います。

このハンズオンラボでは、簡単なメッセージを表示する小規模な App Engine アプリケーションを作成する方法について説明します。

内容

  • アプリケーションをダウンロードする

  • アプリケーションをテストする

  • アプリケーションをデプロイする

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始