menu
arrow_back

BigQuery での JSON、配列、構造体の操作

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create a new dataset and table to store the data

Execute the query to see how many unique products were viewed

Execute the query to use the UNNEST() on array field

Create a dataset and a table to ingest JSON data

Execute the query to COUNT how many racers were there in total

Execute the query that will list the total race time for racers whose names begin with R

Execute the query to see which runner ran fastest lap time

BigQuery での JSON、配列、構造体の操作

1時間 15分 クレジット: 5

GSP416

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

BigQuery は、Google が低価格で提供する NoOps、フルマネージドの分析データベースです。インフラストラクチャを所有して管理したり、データベース管理者を置いたりすることなく、テラバイト単位の大規模なデータでクエリを実行できます。また、SQL を使用することができ、お支払いモデルは従量課金制となります。このような利点を活かし、ユーザーは有用な情報を得るためのデータの分析に専念することができます。

このラボでは、BigQuery での半構造化データの操作(JSON や配列データ型の取り込み)について詳しく学習します。スキーマを非正規化し、ネストされた繰り返しフィールドを持つ単一のテーブルにすることで、パフォーマンスが改善する場合があります。ただし、配列データを操作する SQL 構文は複雑になることがあります。ここでは、さまざまな半構造化データセットに対する読み込み、クエリ実行、トラブルシューティング、ネスト解除を実際に行います。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始