menu
arrow_back

Spinnaker と Kubernetes Engine を使用した継続的デリバリー パイプライン

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Set up your environment

Deploy the Spinnaker chart using Kubernetes Helm

Building the Docker image

Create service load balancers

Deploy an image to production

Triggering pipeline from code changes

Spinnaker と Kubernetes Engine を使用した継続的デリバリー パイプライン

1時間 30分 クレジット: 9

GSP114

Google Cloud セルフペース ラボ

このハンズオンラボでは、Google Kubernetes Engine、Google Cloud Source Repositories、Google Cloud Container Builder、Spinnaker を使用して継続的デリバリー パイプラインを作成する方法を示します。サンプル アプリケーションを作成したら、そのサービスを自動的にビルド、テスト、デプロイするように構成します。アプリケーション コードを変更すると、継続的デリバリー パイプラインがトリガーされ、新しいバージョンが自動的に再ビルド、再テスト、再デプロイされます。

目標

  • Google Cloud Shell を起動して、Kubernetes Engine クラスタを作成し、ID とユーザー管理スキームを構成することによって、環境をセットアップします。

  • サンプル アプリケーションをダウンロードして、Git レポジトリを作成してから、Google Cloud Source Repositories のレポジトリにアップロードします。

  • Helm を使用して Spinnaker を Kubernetes Engine にデプロイします。

  • Docker イメージをビルドします。

  • アプリケーションが変更されたときに Docker イメージを作成するためのトリガーを作成します。

  • アプリケーションを Kubernetes Engine に確実かつ継続的にデプロイするように Spinnaker パイプラインを構成します。

  • コード変更をデプロイしてパイプラインをトリガーし、本番環境へのロールアウトを監視します。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始