menu
arrow_back

ユーザー認証: Identity-Aware Proxy

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Deploy an App Engine application

Restrict Access with IAP

Enable and add policy to IAP

Access User Identity Information

Use Cryptographic Verification

ユーザー認証: Identity-Aware Proxy

1時間 クレジット: 5

GSP499

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、Google App Engine を使用して簡単なウェブ アプリケーションを構築し、Identity-Aware Proxy(IAP)を使用して、そのアプリケーションへのアクセスを制限したり、ユーザー ID 情報をそのアプリケーションに提供したりするさまざまな方法を学習します。構築するアプリの機能は次のとおりです。

  • ウェルカム ページを表示する

  • IAP が提供したユーザー ID 情報にアクセスする

  • 暗号化検証を使用してユーザー ID 情報のなりすましを防ぐ

ラボの内容

  • Python を使用して簡単な App Engine アプリを作成してデプロイする

  • アプリへのアクセスを制限する IAP を有効または無効にする

  • ユーザー ID 情報を IAP からアプリに取り込む

  • なりすましを防ぐために IAP からの情報を暗号的に検証する

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始