menu

Advanced Operations Using Amazon Redshift

3 Steps 3時間 28クレジット

In this Quest, you will delve deeper into the uses and capabilities of Amazon Redshift. You will use a remote SQL client to create and configure tables, and gain practice loading large data sets into Redshift. You will explore the effects of schema variations and compression. You will explore visualization of Redshift data, and connect Redshift with Amazon Machine Learning to create a predictive data model.

Objectives:

The labs in this quest will provide hands-on experience with the practical aspects of loading, manipulating, querying, and connecting to Amazon Redshift to gain insight and business benefit from large data sets.

Quest Outline

ハンズオンラボ

Working with Amazon Redshift(日本語版)

このラボでは、クラスターの作成、データのロード、クエリの実行、パフォーマンスのモニタリングなど、Amazon RedShift の使い方をデモンストレーションします。注: このラボの一環で、無料の SQL クライアントをダウンロードします。

English 日本語 简体中文
ハンズオンラボ

Using Tableau Desktop with Amazon Redshift (日本語版)

このハンズオンラボでは、Amazon S3 から Amazon Redshift クラスターにデータをロードする方法と、データセットを視覚化するために Tableau Desktop を使用する方法について学習いただけます。注: Tableau に登録して個人的な連絡先を指定するため、このラボではリモートデスクトップセッションで Tableau Desktop のトライアルバージョンが必要となります。このため、インストール時に同意するライセンス契約に従い Tableau から E メールが送信される場合があります。前提条件: このラボを実行するには、データウェアハウスとビジネスインテリジェンスの概念に精通し、Amazon Redshift についての基本的な知識が必要です。Amazon Redshift についてあまり詳しくない場合は、qwiklabs.com で「Introduction to Amazon Redshift (日本語版)」を受講いただけます。また、リモートデスクトップを介して Windows Server 環境を問題なく操作できる必要もあります。

English 日本語
ハンズオンラボ

warning Advanced Amazon Redshift: Data Loading (日本語版)

このラボでは、Amazon Redshift を使用して、さまざまな方法でデータのロードを実験し、これらの方法を比較します。ここでは、テーブルの作成、S3 および Amazon Data Pipeline を使用したデータのロード、リモートホストからのロード、およびデータロードエラーのトラブルシューティングの実習を行います。ラボの最後には、クリーンアップ手順を実習します。前提条件: Redshift およびデータベースの基本的な概念を理解している必要があります。qwiklabs.com で入門ラボ、「Introduction to Amazon Redshift」を修了している必要があります。SQL 文および JSON フォーマットの知識が必要です。ただし、ソリューションコードはすべて提供されます。記載されているとおりにラボを利用するために、自動で割り当てられているリージョンを変更しないでください。

English 日本語

Enroll Now

Enroll in this quest to track your progress toward earning a badge.